2006年12月01日

9728:日本管財 元取締役ら8人を逮捕 東大病院不正入札事件

東京大学付属病院(東京都文京区)の空調設備保全業務をめぐる不正入札事件で、警視庁は1日、別の年度にも入札情報の漏洩(ろうえい)があったとして、東証1部上場の大手ビル管理会社「日本管財」(兵庫県西宮市)元取締役徳山良一容疑者(49)=東京都江東区東砂1丁目、30日付で辞職=ら8人を競売入札妨害容疑で逮捕した。同庁は、業界大手を巻き込んだ不正入札が長年行われていた疑いが強いとみて調べを進める。
 徳山容疑者は東京本部在勤で営業部門のトップ。ほかに逮捕されたのは、既に同罪で起訴されている同病院事務部管理課職員松本一祐容疑者(30)ら2人と、松本容疑者の上司の八重樫博容疑者(44)や、設備保全会社・新日空サービス(中央区)常務の杉本三郎容疑者(58)ら。
 捜査2課の調べでは、8人は共謀し、今年3月にあった同病院の空調設備保全業務の一般競争入札で、松本容疑者らが業者側に事前におおむねの設計金額などを教え、入札の公正を害した疑いが持たれている。
 同業務は約2億円で日本管財が落札。しかし、実際は同社が5%前後のマージンを取った上で新日空サービスに業務が丸投げされたという。この方法での受注は01年以降毎年行われていたとみられ、同課は、このような業界側の受注調整を松本容疑者らが把握した上で情報の漏出を続けていた疑いもあるとみている。
(12/1 朝日新聞より)

※また、談合です。
 今度は、空調工事。
 空調設備工事は、防衛庁の時も、やってます。

 新日空サービスは、新日本空調(1952)の子会社。

 日本管財、新日本空調とも、今日、株価を上げています。
 罰則が緩い証拠。
 

ラベル:談合
posted by ブラック at 15:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 9000番台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。